メーターが示す意味を知っておくとトラブルや事故を予防できる

家族03

 

自動車のインパネには数多くの情報が提供される仕組みになっています。

 

古い自動車の場合では情報量が少ない傾向にあり、必要最低限のものに限定されているものですが、比較的新しい自動車の場合では、非常に数多くの情報があり、未然に事故などのトラブルを回避することができるために、常に確認をしながら運転することが求められています。

 

代表的なものとしては燃料系があります。燃料が少なくなるとランプが点灯することになるために、早急に燃料を供給する必要があります。

 

また、水温計が付いている車両では、針の位置が上昇している場合の意味は、ラジエターの水温が上昇していることになるために、そのまま放置してしまうと、オーバーヒートに発展するために、トラブルを回避するためには整備工場に持ち込むことが必要になります。

 

他にはブレーキ警告灯があります。

これはハンドブレーキを解除しても点灯してしまう場合には、ブレーキに異常が見られることがあるために、整備が必要になります。

 

同様に油圧警告灯というものも用意されている車両があります。

警告灯が点灯した場合には、エンジンオイルの圧力にトラブルが発生している可能性があり、やはり早めに整備を行うことが求められています。

新しい車種ではシートベルト警告灯や、半ドア警告灯なども用意されており、表示されている通り正しい状態での運転を心掛けることが必要になります。